子育て中のママにアロマで癒しを!アロマとハーブティーのお話。

子育て中のママさん!癒しが欲しくないですか?アロマに満たされた部屋、3時のおやつにハーブティー、贅沢だって!?そんなことありません!これを読んで心も身体も癒される準備をして下さい。

アロマの効果

 アロマって何なのか、まずはっきりさせましょう。ずばり、『香り』のことです。さらに言うと 香りとは『いい臭い』 のことです。「なんだそれ、効くわけないじゃんw」と思うその前に!『香り』の力をご存知でしょうか……?たとえば、親が臭かったらイヤじゃありませんか?

 「それも個性だと教えないと……」

 「注ぎ続けた愛があれば……」

 「臭いくらいで離れる子どもに育てた覚えはない!」

 それは問題がすり替わっています。

 母親に抱きしめられるなら、

 臭いにおいの腕より、

 せっけんの香りの腕のほうが、もっともっと好きになっちゃいませんか⁉

 そういう話です。

 3行だけ専門的なことを言うと、嗅覚は脳にある海馬という、記憶をつかさどる部位を刺激するのは有名な話。自律神経系の中枢である視床下部への刺激も認められていますね。

 記憶に関しては、認知症へのアプローチも進んでいます。

 自律神経は、ざっくりいうと「気分」「オンとオフ」「やる気」などを左右します。

 これからお勉強シーズンを迎えるお子さんに、

 香りでさりげなくフォローアップしちゃいましょう♪

でもお金かかるんでしょ?

 仕組みはおわかりいただけたと思います。

 でも「お金かけてまでは別にいいかな……」って思ってるはず。

 アロマのイメージって、

 「よく知らないけど高そう」

 「ああ見たことある、湯気みたいなやつをブアアァってやるやつでしょ」

 「キャンドルは子どもの火事が怖いしすぐなくなりそう、コスパ悪いんじゃない?」

 こんな感じなんじゃないでしょうか。

 結論から言うと、アロマってコンビニで買えます。 

ちょっと思い出してみてください。

 コンビニのペットボトルコーナー。

 いろんなお茶が並んでいますね。

香りのする紅茶売ってますよね。

 ハイ解決!!

コンビニで買えるアロマ、ハーブティーです。ワンコインです!

厳密に言うと若干違いますが、それは今回は置いておきます。

アロマでハーブティーを選ぶ理由

 どうせ子どもに飲ませるなら、ただの水よりお茶派のひとも多いはず。

 それは、どうしてですか?

 水ではとれないミネラルが入っているから……。

 いろいろな味で少しでもお子さんを喜ばせたいから……。

 ジュースはカロリーが高いから……。

 そういうひとが大半なんじゃないかと思います。

 あなたがそういうひとだとしたら、

 ハーブティーを選びますよね?

 実は、アロマ屋さんではハーブティーが売られてます。

 法外な価格でもないでしょう?

 湯気もブアアァってしないでしょう?

 ロウソクも使わないでしょう?

 アロマディフューザーやアロマキャンドルだけがアロマじゃありません。

子育てのご家庭で気軽にアロマを楽しむならハーブティー一択ですね!

 ハーブティーなら、なんとなく選び方も知っているかも方いらっしゃるんじゃないでしょうか?次は筆者おすすめハーブティーをご紹介します。

ハーブティーの選び方 <身近な3選>

引用:https://www.pakutaso.com/20190457112post-20515.html

1.落ち着きたいとき

 「子どもとケンカしちゃった……お互い落ち着いて話したい」

 そんなときは、カモミール(カモマイル)がおススメ。

 青系、黄色系のパッケージが一般的。

 高いリラックス効果が特徴です。

2.風邪予防に

 「子どもには健康でいてもらいたい……」

 ラベンダーがおススメです。

 ラベンダーは体の風邪の予防をしてくれる殺菌作用、

 また、心の味方、抗うつ作用があると言われています。

 紫のパッケージが一般的。

 ラベンダーは精油だと怪我にも効く、健康の味方です。

3.ペパーミント

 ペパーミントはどうでしょう。

 効能は「万能」と言われています。

 心を落ち着けてくれたり、

 痛みを緩和してくれたり、

 はたまた冷え性の対策になったり。

 黄緑色のパッケージが一般的です。

アロマが身近になれば子育ての選択肢にも!

まとめ

・アロマの効き方

・アロマは実はローコストで身近

・ハーブティーの有名どころ

 これらに触れてきましたが、

 ここまで読んでくれたなら、たとえ

「アロマはやっぱいいや」

 という結論であっても、

 それはお子さんを思い、考えた結果の選択です。

 知らないだけとは月とすっぽんくらいの差があります。

 お子さんがすくすくと大きくなることを、

 心から応援しています!

 最後になりましたが、コンビニは高い! と思う方。

 ちゃんとスーパーや薬局にもコーナーがあるはずなので、

 ぜひお子さんと、色とりどりのハーブティーを楽しく選んでみては?