東京都在住(品川区)ママが教えます!品川区の自治体の子育てサービス!

東京って区によってサービスが違いますね。しかもファミリーで住むことを考えるとやはり長く住むことが前提になるという人も多いのではないでしょうか。

品川区在住で2歳と0歳の子どもがあり、実際に経験した子育てサービスを中心にまとめます

36都道府県の子育てサービスまとめ(随時更新中)

品川区について

1、特徴

・東京都の南東部に位置する。

.オフィス街が多い。

・面積約23㎢に対して人口約39万人、比較的人口密度が高い。

2、住み心地

高層ビルが多いイメージですが、緑が豊富で静かな住宅街もたくさん。

活気ある商店街も多く、子どもを連れているとほぼ話しかけられるぐらい人情にあふれていて、住みやすい。

3、子育てに対して

子育て事業には力を入れており、ここ1~2年で保育園を数十ヵ所/年ほど建てています。

筆者の住んでいる周辺も徒歩10分圏内に4~5件新しく園ができました。

所得によって私立高校への学費免除もあり、18歳まで充実したサービスがあるのが魅力です。

マタニティ時期にあるサービス

●母親学級

快適なマタニティーライフを過ごすために、地域での仲間づくりと、妊娠期の生活・食事・歯科衛生についての学級です。

リラクセーション体験、参加者同士の交流、情報交換などを含めて3日制で実施します。ご都合により単日での参加も可能です。

内容

1日目  リラクセーションとお産の経過

2日目  ママと赤ちゃんのお口の健康&歯みがき  ママと赤ちゃんの食生活

3日目  赤ちゃんのいる生活  先輩ママとの交流  赤ちゃんが生まれてからのご案内

対象

妊娠22週以降の方

『時間』

2.5時間

※午前中に実施する場合がありますので日程表を確認してください

平日開催のため仕事をしているとなかなかいけませんが、産休に入ってからきているママも大勢いました。3回もあるので顔見知りになるママも多くなります。私は遠いところが当選してしまったのですが、近くのママたちは仲良くなりやすいようです。

人気があるので1回の申し込みで当選するとは限りません。何回か応募することが大事です!

●両親学級

ご両親で協力して出産・育児にのぞめるように、赤ちゃんの沐浴などを体験学習します。

育児について、話し合うきっかけづくりになります

内容

お父さんの沐浴体験、妊婦ジャケット体験、ペアで行うストレッチとマタニティリラクセーション、講義とグループワーク「赤ちゃんとの生活」です

対象

区内在住で、初めての出産を控えた妊娠22週以降のカップル(体調の安定した方)

35週までの参加がおすすめです。

妊婦の方、お父さんとなる方で単独での参加希望は要相談

時間

 3時間/2時間40分

※場所によって開催時間が違います

こちらは土日開催なのですがやはり人気があります。応募して3回目で当選することになっているそうなので早めに応募し始めることをオススメします。

開催する場所や時期によって内容は違うかもしれませんが、私が参加したときはママ同士、パパ同士でディスカッションがありました。パパ同士も仲良くなる機会に繋がり生まれてから家族ぐるみで遊ぶこともありました。

●妊娠期からの相談事業

妊産婦ネウボラ相談員(助産師)が面談を行い、妊娠中にお伝えしたい母子保健情報・子育て情報を紹介します。 

初回面談後にお祝い品(育児用品カタログギフト)を贈呈します。

対象

品川区に住民登録があり、医療機関で妊娠と診断され「妊娠届」を提出した妊娠中の方

時間

30分程度

平日(月~金)午前8時30分~午後4時30分(正午~午後1時を除く)

助産師さんから区の子育てサービスを教えてくれたり、今不安に思っていることなどなんでも聞いてくれます。更に1万円相当のカタログギフトをもらえます。1人目と2人目とカタログが違っており都度見直し・更新が行われていてより良くなっていることが分かります。内容はとても充実していてどれにしようか悩むほどです。

●プレママ ボディケア

内容

グループワーク、助産師による講話、ボディケアの実習など

対象

区内在住か在勤で、安定期以降の妊婦の方

人数制限はありますが同室での見守り託児あります

時間

 1.5時間

だいたい出産時期が近いママが集まります。マタニティ時期にできるボディケア講習もあるので、お腹が大きくなってつらくなったときなどにとてもタメになりました。

●子育てかんがるープラン

内容

区役所の人と一緒に子育てプランを考えていきます

子育て支援情報、乳幼児施設の紹介をしながら就学前の子育てプランを作成するお手伝いをします

対象

区内在住のマタニティ~子育て中

時間

1時間ほど

住んでいる地域の保育園情報や聞きたいことを教えてくれてとても充実した時間です。情報が多いですがプランの紙を頂けるので後で見返すことができます

●里帰り等妊婦健診費・新生児聴覚検査費助成

内容

里帰りなどにより妊婦健康診査等を受診し、受診票を使用できなかった場合に費用を助成します。

助成の対象となる健(検)診は「妊娠届」の手続き以降のものに限ります。

対象

東京都以外の地域で妊婦健康診査、妊婦超音波検査、妊婦子宮頸がん検診、新生児聴覚検査を受けた場合(国内の医療機関等に限ります)

東京都内の医療機関であっても契約医療機関でないところで妊婦健康診査、新生児聴覚検査を受診した場合(助産院も対象になります)

対象となる健(検)診の受診日現在、区内に住所を有する方が対象

申請できる期間

出産の日から1年以内(満1歳の誕生日の前日まで)

1人目は里帰り出産だったのですが、後からお金が戻ってきてとても助かりました。手続きも手間はかかりませんでしたが、場合によっては支払われるまで時間がかかる場合があります。申請するときに確認することをオススメします。

産後にあるサービス

●子どもすこやか医療費助成

内容

15歳まで医療費を助成してくれます

対象

品川区内に住所がある、中学生(15歳到達後最初の3月31日まで)までの児童

児童が健康保険に加入していること

15歳まで対象というのは最近ではどこもやっていますがありがたい制度です。ちなみに下の子が早産だったためNICUに入院していました。特別な医療を受けていたわけではありませんが、黄疸治療などもあり1か月で20万ほどかかりました。(確か)それも医療証があったおかげで支払いはありませんでした!

●日帰り産後ケア

内容

産後の疲労回復ケア・母乳ケアなどの産後の母体ケア、育児のやり方、授乳方法・赤ちゃんの発育の観察などの育児の相談等、出産されたお母さまのからだと子育ての不安に助産師等が相談に応じ、産後の不安を解消していただく場をホテルの一室を利用し提供します。

※ケアのプランは希望に応じます。

※ルームサービスの昼食付きです。

対象者

産後4カ月未満の品川区在住のお母さんと赤ちゃん。赤ちゃんは利用日までに健診を受けていることが条件ですが、医療行為の必要な方は除きます。

費用など

産婦1人につき1回

場所:第一ホテル東京シーフォート

利用可能日:月曜日~金曜日 午前11時~午後3時

費用:一般世帯は4000円

住んでいる場所によってはとても辺鄙な場所にあるホテルですが、行く価値は十分にあります!とても人気のため早めに申し込みすることをオススメします。プランは希望に応じるのでこちらからの希望を聞かれます。とはいえどうしてほしいか分からず申し込みを断念しがちですが、当日担当してくださる助産師さんからいろいろと提案をしてくれるのでその中でして欲しいことを伝えれば大丈夫です!しかもランチは部屋までもってきてくれるし、赤ちゃんは助産師さんが見てくれるのでゆっくり食べることができます。

ちなみに筆者は

・湯船にゆっくりつかりたい

・肩・腰などに痛みを感じる

・昼寝(最上階のホテルの一室でダブルベッドで寝るのは至福の時間でした)

・育児に対しての悩み

・授乳について

などを依頼しました。

時間は4時間もあり「長いな」って思っていましたがあっという間でした。

場所がとても辺鄙な場所ですが、品川駅からバスも出ていますしタクシーで行くのもありです。生後4か月までって期間がとても短いですがぜひ利用してみてください!

●訪問型産後ケア

内容

助産師が利用者宅を訪問し、乳房ケア(乳房マッサージ含む)や授乳指導、育児に関する相談に応じます。

1回1時間程度です。

産婦1人につき1回利用できます。

*状況により、医療機関での受診となる場合がありますのでご了承ください。

利用料金

 ・1,000円(住民税非課税世帯は半額、生活保護世帯は免除となります)

実施時間

 ・月曜日から土曜日 午前9時から午後4時まで(1時間程度)

   (祝日・年末年始は除く)

対象

区内在住(住民票のある方)で、母乳等に関して不安がある産後6カ月未満の方

1人目の時にはなかったサービスです。初めての子だったら絶対利用していたなって思います。実際サービスを利用したママからは絶賛でした。こちらは時期によってとりやすさがあるようですので、希望の日時がある場合は早めに連絡することをオススメします。

●産後ママのボディケア

内容

骨盤ケア・腱鞘炎予防など、産後の体にやさしい運動を助産師が指導します。

対象

区内在住か在勤で、生後1~3カ月の乳児と母親

同室での見守り託児あり

助産師さんや保育士さんから家でもできるボディケアの方法や赤ちゃんと一緒に遊べるわらべ歌などを教えてくれます。開催場所が1か所なのでいろんな地区から参加しているのでいろんな地区のママと知り合いになれます。またちょっとした質問にも丁寧に答えてくれるので、筆者は2人目も参加しました。

●離乳食レッスン

内容

離乳食とはどのようにすすめていけばいいのかを栄養士が指導します。

2回食からの離乳食レッスンや1歳からのとりわけ食も開催しています

対象

4~6か月のお子さんをもつ親

2回食からの離乳食レッスンや1歳からのとりわけ食も対象月齢があります

初めての離乳食をどのようにすすめていけばいいのか、実際どんな食事なのかの試食を丁寧に教えてくれます。子どもの食物アレルギーに力を入れている病院があるからか最新の情報も教えてくれます。2人目も参加しましたが、たった2年で更新されている内容もありメモをたくさんとりました。

まとめ

・母親、両親学級の開催

・カタログギフトがもらえる助産師さんとの面談

・プレママ、産後ママのボディケア

・月齢に合わせた離乳食レッスン

いかがでしょうか?

今回は筆者が受けたサービスを中心に紹介しましたが、まだまだたくさんのサービスを行っています。子育て支援制度は多いといわれていますので、区のホームページ以外にも区報やしながわ子育てアプリを見てみると良いと思います。