栃木県の子育てサービス!育児世代にとってもオススメ!

これから栃木で出産育児するにあたって、どんなサービスがあるのか不安…。

そんな方に!生まれも育ちも栃木県の筆者が、栃木の自治体サービスについてご紹介します!

36都道府県の子育てサービスまとめ(随時更新中)

栃木県ってどんなところ?

まず皆さんがイメージするのは、地味な印象や、とくに何も特徴がないといった感じでしょうか?

でも実は、とっても自然が豊かで食べ物がおいしいだけではなく、子どもを育てていくのに嬉しいサービスが満載の地域なんです。

今回は、栃木の魅力をご紹介していきたいと思います。

これから栃木への移住を考えているという方も、すでにお住いの方も、ぜひ参考にしてみてください!

栃木の自治体支援

・こども医療費助成制度

栃木県では子どもが産まれてから12歳まで、医療費を市町村が助成してくれるという制度が取り入れられています。

未就学児は現物給付、小学生は病院ごとに500円までの自己負担となりますが、保護者の所得に関係なく制度を利用できます。

この年代の子どもは何かとケガをしたり病気が多い時期なので、とても安心ですね。

幼稚園、保育園の補助金が手厚い

子どもを2人以上同時に幼稚園に通わせている場合、保育料が免除されます。

しかも第三子以降の入園の場合、市町で認定されている施設であれば、保育料が無料です。

さらに、満3歳~5歳時の子どもを私立幼稚園に通わせている家庭には、自治体から入園料の補助金が支給されます。

他にも預かり保育を利用する保護者には1日200円の助成金があるなど、家庭の経済的負担を少しでも軽くする支援を取り入れています。

栃木の子育てに特化した地域

子育てしやすい環境No.1!栃木県の南部!小山市!

都会過ぎず田舎過ぎず、生活しやすいものがほどよくそろった、栃木県内でも人気の場所です。

まず、交通アクセスの利便性が◎!新幹線も通る大きな駅があり、しっかり補修された道路も多いので、車での移動も楽ちんです。

そして、大きな病院や保育施設が充実しているところも魅力のひとつ!

大学付属などの病院が3つもあるのでもしものときでも安心ですし、大型ショッピングモールでは、定期的に子ども向けのイベントが催されています。

なんといっても、小山市は保育園の待機児童が0人というのが凄い!

それだけ保育施設が多く、子育て世代には住みやすい地域ということですね。

子育て世代を全力支援!県庁所在地、宇都宮市!

宇都宮市では子育て家庭への助成や支援に力を入れており、「こども医療費助成制度」も中学校三年生までを対象とし、医療費が無料になります。

また、育児の悩みを相談できるように専門の指導員が自宅を訪問する制度を取り入れたり、妊婦健診や不妊治療、歯科検診の医療費を助成するなど、子どもに向けてのものだけではなく、育児・妊娠中のお母さんへの負担も軽くしてくれる制度がとても充実しています。

大きなショッピングモールも多く、広い公園もたくさんあるので、親子でリラックスした生活を送れる場所です。

これから移住するならここ!栃木市

「蔵の街」とうたわれるほど、小江戸情緒にあふれている栃木市。

人気な理由はそれだけでなく、これから栃木に引っ越しを考えている方にぜひオススメしたい自治体サービスが、とても充実している場所なんです。

まず栃木市では、「まちなか定住促進住宅新築補助制度」というものが実施されています。

これは市外からの引っ越しで住宅(中古も可)を購入する際、補助金が交付されるという制度です。

この制度には子ども加算が適用されているので、子育て中の家庭が家を購入しやすいようになっています。

ほかにも「多世代家族住宅新築等補助制度」では、親子三世代で同居するために自宅を増改築する際の補助金が支給されます。

今後育児で家族のサポートが必要なときや、女性の就職活動などに助かる支援です。

子育て世代に優しいコミュニティつくり

栃木には、子育て中のパパ・ママがいつでも利用できる、地域特有のコミュニティがあります。

子育てに不安を感じていたり、忙しくてなかなか外との交流がはかれないといった方にぴったりのサービスです。ぜひ利用してみてください!

・栃木の子育て情報シェアサイト『ゴゴチ』

「ゴゴチ」とは、子ども向けのイベントや、小さなお子様でも入れるお店の情報を集めた栃木の子育て情報サイトです。

「ゴゴチ」は店舗オーナーが情報を載せているだけではなく、栃木の楽しい子連れスポットの情報を、実際に体験した利用者からも集めています。

飲食店だけでなく、子どもと一緒でも入れる美容室や、キッズスペースのある本屋さんなど、パパ・ママに嬉しい情報がもりだくさん!

同じ子育て世代同士からの情報が多いので、内容がとても充実していて安心して利用することができます。

筆者もたびたび利用させていただいていますが、さまざまな立場で子育てしている方のコラムもあったりして、その更新がいつも楽しみだったりします。

↓『ゴゴチ』へはこちらからどうぞ↓

http://gogochi.com/

・栃木の育児向け地元密着情報誌『ママトコドモト』

こちらの「ママトコドモト」を発行・編集しているのは、実際に子育て中のパパ・ママ!

栃木県全域の保育施設や子育てサロンに配布されており、読者と同じく、作っているのが小さい子どもを持つ保護者ということもあって、等身大な育児情報を豊富に載せてくれています。

一般読者でもアンケート回答や座談会に参加できたり、申し込めばお子様を表紙にしてもらうことも可能です!

ただ読むだけではなく、イベントに参加することで広い視野で育児に携わることができる、コミュニケーションに特化した地域情報誌です。

申し込むとこんなに可愛いモデルさんになれちゃいます!

↓『ママトコドモト』のサイトはこちら↓

ママトコドモト

http://mamakodo.com/

・栃木事業サービス『とちぎ笑顔つぎつぎカード』

栃木の各企業や商店が協賛する「とちぎ未来クラブ」が実施している、子育て支援サービスです。

こちらは、18歳未満の子どもがいる栃木県域全家庭が利用できるカードで、提示すれば協賛店舗や施設で、割引や特典などのサービスを受けることができます。

5.まとめ

・栃木県は子育て世代向けの助成金制度に力を入れている。

・大きな市町は病院や保育施設が豊富。

・栃木へ移住する家庭を支援する制度がある。

・地域密着型の情報ツールが充実している。

いかがでしたでしょうか?

子育て世代にとって、少しでも栃木県が魅力的な場所だとお伝えできていたら嬉しいです。

栃木にはまだまだ素敵なところがたくさんあるので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。