9か月の離乳食お悩み解消!食事リズムや量は?レシピもご紹介!

9か月になったら3回食に…と考えますよね。

食事が1回増えると食事のリズムや量など7か月や8か月の時とは全然違ってきます。

3回食に変えるタイミングや食事のリズム、量などをご紹介します。

9か月の離乳食ステップアップするタイミングは?

3回食を意識はしているものの、いつ始めたらいいんだろう…。

どれくらいもぐもぐできていれば次のステップに進んでいいのかな。

子どもが9か月になったころの筆者の疑問でした。

9か月ころからは『離乳食後期・カミカミ期』といわれるステップになります。

生活面では1日2回の食事が定着し、お散歩、遊び、ねんねなどの生活リズムが整ってきたらそろそろ3回食にステップアップしても良いころ。

・豆腐などのやわらかい食材をもぐもぐごっくんして食べることができる

・少し繊維のある食材も食べることができる

・喜んで離乳食を食べている

・手でつかんで食べようとする

以上のようなサインが出てきたらステップアップにチャレンジしても良いころです。

9か月の離乳食の特徴

歯ぐきでつぶせるバナナくらいの固さを目安に調理すると良いとされています。

手づかみ食べや遊び食べが始まるころ。

このころになると、ママやパパが使っているスプーンや食べているものに手を伸ばしてきます。食事への興味がわいてきた証拠です。野菜スティックや食パンをスティック状にして持たせてあげてみると口に運んで食べてくれるかもしれません。

手づかみ食べが上手にできなくても、怒らないで見守ってあげましょう。汚れても良い服を着せたり、長袖のエプロンも販売されていたりするので、活用してみてくださいね。

筆者の子ども、私たち夫婦が食事をしていると寄ってきてお箸を取ろうとしたりお皿を触ろうとしたり興味があるようです。もう少ししたら、一緒の時間に食事をしようと考えています。

食事のリズムは?

ステップアップするサインが見られ、いざ3回食へ。

実際筆者が3回食始めてみると食事とミルクのリズムづくりがとても難しかったです。

筆者は4時間おきにミルクをしていたのですが、我が家の子どもの生活スタイルでは、7時起床、ミルク→11時 離乳食+ミルク→15時 離乳食+ミルク→19時 離乳食+ミルクとなり、筆者が理想とするタイミングよりずっとずれてしまい、リズムをつかむまではどうすればよいか悩みました。

食事のリズムの例をご紹介します。

3回食の始めは、7,8か月ころの時間帯に合わせていきます。例えば10時に朝食、14時に昼食、18時ころ夕食。

3回の食事に慣れたら、徐々に離乳食の間隔をあけ、ママやパパの食事の時間に近づけていきます。

食事のリズムの例

◇はじめのころ

7時母乳・ミルク
10時離乳食+母乳・ミルク
14時離乳食+母乳・ミルク
18時離乳食+母乳・ミルク
20時~20時30分母乳・ミルク

◇慣れてきたら

7時母乳・ミルク
9時離乳食+母乳・ミルク
12時~12時30分離乳食+母乳・ミルク
18時離乳食+母乳・ミルク
20時~20時30分母乳・ミルク

上記は一例ですので、参考にしてみてくださいね。

実際筆者もそうでしたが、時間にとらわれすぎると焦ってイライラしたり嫌になったりしてしまいます。多少の前後は全然OKです。

食事の量は?

2回食から3回食になって離乳食の間隔が狭くなったのに2回食と同じ量あげても大丈夫かな…。でも、たくさん食べられるようになったしな…。と悩みました。

3回食にすすめるときは他の食事の1/3~1/2くらいの量から始め、だんだんと増やしていくのが良いようです。

具体的な目安量はコチラ↓

5倍かゆなら 90g 軟飯なら 80g

野菜 30~40g

豆腐  45g

魚/肉 15g

引用:https://hugkum.sho.jp/12956

簡単メニュー

大根と鶏ひき肉の煮物

<材料>

大根 20g

鶏ひき肉 15g

しょうゆ 少々

<作り方>

1. 大根は2ミリの厚さでいちょう切りにします

2. 鶏ひき肉と一緒に水から煮ます。沸騰したら弱火でコトコト煮て、柔らかくなったらしょうゆを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけます

3. 盛り付けてできあがり。写真は茹でた大根の葉のみじん切りをあしらい彩りよく

引用:https://hugkum.sho.jp/59700

筆者もこれを参考に、時短して作ってみました。

大根、鶏ひき肉はゆでてフリージングしていたものをつかいました。とろみは市販のとろみ粉をつかいました。時短にもなるし、オススメです。

お肉の甘みと大根がよくあうみたいで、9か月の息子もぱくぱくと食べてくれました。

まとめ

・やわらかい食材をもぐもぐごっくんして食べることができる、少し繊維のある食材も食べることができる、手でつかんで食べようとするなどのサインが出たら3回食へとステップアップしても良いころ。

・手づかみ食べなどがはじまるころ。食事への興味がわいてきた証拠。

・3回食の始めのころは、7、8か月の頃の時間に合わせて食事にしてあげる。慣れてきたらだんだんと大人と同じような時間に合わせていく。

・3回食にすすめるときは他の食事の1/3~1/2くらいの量から始め、だんだんと増やしていく。

いかがでしたか?

9か月というのはあくまで目安ですので、それぞれの赤ちゃんのペースに合わせてあげてくださいね。

家族みんなで食事の時間を楽しめるようになればいいですね。