子どもの急な発熱!知っておきたい受診するタイミングとホームケア

子どもが急に発熱をするとどうしていいか分からなくなってしまいますよね。けいれんをしたら親がパニックになってしまいます。慌てないためにも知っておきたい受診する目安とホームケアを筆者の経験も交えてご紹介したいと思います。

子どもの発熱

「昼間は元気だったのに夜になると熱が出た」「保育園に行ったら熱が出て呼び出しがあった」など、子どもって発熱しやすいですよね。筆者の子も保育園に行き始めてから発熱をよくするようになり、呼び出しがくるたびに早退して病院に連れて行っていました。

筆者の経験も含めて共感できるポイントがあり良いです

呼び出しが多いと「また…」って思ってしまいますが、ぐったりしている我が子をみると心配でたまらなくなります。けいれんを起こした時には自分がパニックになりそうでした。

ただ、子どもの発熱は多くの場合、急を要するものではありません。

まずは様子を見ながら家庭でケアできる場合がほとんどです。とはいえ、子どもは急に熱を出すことが多いものですよね。とっさのときに慌てないよう、発熱の原因となる病気やすぐに受診が必要な場合、ホームケアの方法などについて知っておきましょう。

なぜ発熱するの?

子どもってよく発熱するなって思いませんか?

 赤ちゃんは、生後しばらくは胎内にいる間にママからもらった免疫で体を守っていますが、6カ月ごろになるとママの免疫が減り、少しずつ自分で免疫をつくるようになってきます。そのため、子どもの発熱は生後6カ月ごろから始まることが多いのです。

また、子どもは体内でつくられるエネルギー量が多いため、大人に比べて体温が高め。平熱には個人差がありますが、36.5~37.5℃くらいを上下し、気温が高いときは37.5℃を超えることもしばしばあります。

子どもが熱を出す原因の大半は、ウイルスや細菌などの病原菌が体内に侵入したことによるものです。人間の体内に有害な異物が入ると、異物を追い出すための免疫機能が働き、体温を上げるしくみになっています。これは、ウイルスや細菌が高温に弱いからだそうです。発熱は体が病原菌とたたかっている証拠なのです。

体を守るために必要なメカニズムなので、水分や栄養や睡眠が取れていれば、無理に熱を下げる必要はありません。

繰り返し熱を出すお子様も、大きくなって免疫力がついてくると熱が出る頻度は少なくなっていきます。丈夫な体をつくるために必要なプロセスとして、成長を見守ってると思えば頑張れそうですね。

受診の目安・タイミング

子どもが発熱したときは、体温計の数字よりも【熱以外の症状】をチェックすることが大切です。「熱は出ているけれど、元気で食欲もある」という場合は、あわてなくても大丈夫なので、おうちでのケアで様子を見てもよいです。

一方、発熱とともに、発疹、激しい咳、おう吐、耳の痛みなど、そのほかの症状が見られるときは小児科を受診しましょう。

ただし、生後3カ月以内の赤ちゃんが熱を出したときや、ぐったりしている、けいれんが5分以上続く、呼吸が苦しそうでハァハァと肩で息をしている、といった症状がある場合は、夜間でも救急病院を受診することが必要です。

≪すぐ受信が必要な目安≫

  • 生後3か月未満で38度以上の熱がある
  • 発熱とともにけいれんが5分以上続く
  • 肩で息をするほど呼吸が苦しそう
  • 目や表情に活気がなく、ぐったりしている
  • 発熱とともに下痢や嘔吐を繰り返している
  • おしっこの回数が極端に減っている

お家でできるケア

先ほどの「受診の目安」のような症状がなければホームケアで大丈夫です。

お家ではどんなことをすればいいのでしょうか?

十分に水分補給する

発熱時に最も大切なケアは【水分補給】です。

熱が出ると、汗が出て呼吸も荒くなるため、体内の水分や塩分が大量に失われて脱水症になるおそれがあります。水分は、少しずつこまめに補給することがポイント!

湯冷ましや水などを飲ませるほか、水に塩分などの電解質と少量の糖質を加えた「経口補水液」は効率よく水分補給ができるのでおすすめです。薬局などで市販されていますが、家庭でも簡単に作ることができますので材料と作り方をご紹介します。

【経口補水液の作り方】

<材料>

・湯冷まし…1リットル

・食塩…3グラム(小さじ1/2杯)

・砂糖…40グラム(大さじ4と1/2杯)

・好みで果汁(レモン、グレープフルーツなど)

 <作り方>

1 湯冷ましに、砂糖と塩を加えてよく溶かす

2 かき混ぜて、飲みやすい温度に冷ます

3 好みで果汁を加えると飲みやすくなる

安静に過ごす

体力を消耗しないよう十分に休ませてあげましょう。

できるだけ快適な環境で安静に過ごすことが大切です。元気な場合は無理に寝かしつけなくてもかまいませんが、興奮しすぎて疲れないよう注意してください。

食事は、お腹をこわしていなければ何を食べても問題ありませんが、胃腸に負担のかからない消化のよいものやアイスクリームのような冷たくてのどごしの良いものが食べやすいです。

厚着のさせすぎに注意!

熱の上がり始めには、寒気がしたりガタガタふるえたりすることがあります。お子さんが寒そうにしているときは、手足や体を温めてあげましょう。その後、熱が上がって暑そうにしていたら、体内に熱がこもらないように、衣類や布団の枚数を減らして涼しくしてください。本人が気持ちいいと感じるようであれば、冷却シートや氷枕、水枕などを当ててあげてもいいです。

病院に行くべきか判断に困ったら

病院に行く目安をご紹介しましたが、それでも判断に困ることってありますよね。「熱しか出ていないけど辛そう」「こういうときってどうしたらいいの?」など心配事は尽きません。そういう時は【子ども医療電話相談】に電話してみましょう。

ここは助産師や保健師、看護師が子どもの様子から受診したらいいのか、様子を見たらいいのかなどをアドバイスしてくれます。

親に寄り添った言葉をかけてくれるので心の不安も取り除いてくれます。1人目が保育園に行き始めた頃、熱をよく出していたのでとてもお世話になりました。

電話番号は【#8000】です。

「こんなこと聞いても大丈夫かな」と思う症状でも丁寧に対応してくれますよ。

まとめ

子どもの発熱はよくあるもの

・熱以外の症状で辛そうなものがなければ家でケアできる

・家庭でもできる対処を知っておけば安心

いかがでしたでしょうか?

熱が出ると不安や心配になって冷静さをなくしがちです。この記事を参考にして、少しでも冷静な判断ができるようになれれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。このブログの全記事はこちら